天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

冷凍牛肉の緊急輸入制限回避/3月減少、1万2千トン残す

2019/04/26 17:49

 財務省が26日に発表した3月の品目別の貿易統計で、米国産などの冷凍牛肉に対する緊急輸入制限(セーフガード)の発動回避が明らかになった。発動基準が迫って動向が注目されたが、最終的に1万2千トン弱を残した。発動すれば米国からの反発が必至だった。

 貿易統計によると、3月に全世界から輸入した冷凍牛肉は前年同月に比べて25%減の1万6800トンだった。2018年度累計は34万700トンとなり、前年度より13%増えた。発動基準は17%増の水準と決められている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.