天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

NY株反落、48ドル安/利益確定売りが優勢

2019/04/23 05:49

 【ニューヨーク共同】連休明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、連休前の18日に比べ48・49ドル安の2万6511・05ドルで取引を終えた。18日に約半年ぶりの高値で取引を終えたこともあり、当面の利益を確定させるための売りがやや優勢となった。

 ただ、発表が本格化する米主要企業の四半期決算を見極めたいとの様子見ムードも出て、値動きは限定的となった。ハイテク株主体のナスダック総合指数は17・21ポイント高の8015・27。

 個別銘柄では、中型旅客機ボーイング787の工場の安全管理に問題があると米紙が報じたことを受け、航空機のボーイングが値下がりした。

 一方、原油高による収益改善が意識された石油のエクソンモービルとシェブロンが買われ、相場全体を下支えした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.