天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

白物家電、22年ぶりの高水準/18年度出荷額2兆4千億円

2019/04/22 11:18

 白物家電の国内出荷額の推移
 白物家電の国内出荷額の推移

 日本電機工業会が22日発表した2018年度の白物家電の国内出荷額は前年度比4・3%増の2兆4689億円となり、1996年度以来22年ぶりの高水準だった。昨夏の猛暑によりエアコンが大幅に伸びたことが寄与した。

 白物家電の出荷額がプラスとなるのは4年連続。エアコンの出荷台数は8・4%増の981万5千台で、統計が残る72年度以降で過去最大となった。出荷額は9・5%増の8044億円。

 冷蔵庫と洗濯機の出荷額もそれぞれ4・3%、5・0%増加した。まとめ買いした食品を保存したり、衣料品をまとめて洗ったりするニーズが高く、大型製品の人気が続いた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.