天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

トヨタ、中国・清華大と共同研究/燃料電池車技術で連携

2019/04/21 20:13

 トヨタ自動車は21日、中国・清華大と共同で、車の電動化や安全技術について研究する「清華大学―トヨタ連合研究院」を設立すると発表した。燃料電池車(FCV)に使う水素の利活用などを検討。大気汚染が深刻になっている中国で、環境負荷の小さい次世代車の開発で連携する。

 清華大に4月中に設置し、トヨタも人員を派遣して共同研究を実施する。期間は5年間。トヨタと清華大はこれまでも大気汚染の研究などで協力しており、対象範囲を広げる。

 豊田章男社長は清華大で講演し「燃料電池技術を車だけでなく、生活のあらゆる側面で活用し、中国で環境汚染のない社会を実現させたい」と強調した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.