天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

公取委、統合審査データ独占考慮/年内にも改正へ

2019/04/18 19:18

 公正取引委員会が企業の経営統合を審査する独禁法の基準に関し、従来の販売数量や金額などの市場シェアに加え、個人情報など保有するデータも考慮する方向で見直すことが18日、分かった。「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業への規制強化の一環で、データの独占による競争の停滞を防ぐ狙い。年内のガイドライン改定を目指す。

 審査の対象となるデータは、企業が持つ顧客の個人情報や購買記録、位置情報などが想定される。プラットフォーマーが企業買収でデータを独占すれば、競争を通じた新たなサービスの開発や値下げが起きづらくなる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.