天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

携帯料金の総額表示を要請/低価格化へ監督体制整備も

2019/02/22 20:42

 総務省の有識者会議は22日、携帯電話利用者が複雑な料金体系を正確に理解できるよう、携帯会社に契約期間全体の通信料と端末代金の総額表示を求める中間報告書骨子案をまとめた。低価格の実現に向け、携帯各社の料金体系が適正かどうか継続的に監督する体制を整備することも盛り込んだ。

 総務省は総額表示に向け、2019年度中にも関連するガイドラインを改正する方針。義務化されれば、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの大手3社は対応を迫られることになる。

 骨子案は契約前の説明や各社のウェブサイトで、端末代金を含めた契約期間の支払総額の目安を示すよう要請している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.