天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

課徴金4400万円減額、公取委/岡山のスーパーに

2019/02/22 17:26

 公正取引委員会は22日までに、納入業者への支払代金を不当に減額したとして、岡山市のスーパー「山陽マルナカ」に独禁法違反(優越的地位の乱用)で約2億2千万円の課徴金納付を命じた処分を巡る審判で、違反認定の範囲を変え課徴金を約4400万円減らす審決を出した。20日付。

 公取委は2011年6月、同社が食品や衣料品などの納入業者に対し、商品を値引き販売した場合に代金を減額したり、無償で従業員を派遣させたりしたと認定。課徴金納付のほか再発防止のための排除措置を命じた。山陽マルナカはこれを不服とし、命令を取り消すよう審判を申し立てた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.