天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

プレ金、消費拡大も広がり欠く/導入2年、早く退社は2割

2019/02/22 15:39

 2017年2月、「プレミアムフライデー」が始まり、東京・丸の内で行われたイベントで乾杯する人たち
 2017年2月、「プレミアムフライデー」が始まり、東京・丸の内で行われたイベントで乾杯する人たち

 月末の金曜日に仕事を早く終える「プレミアムフライデー(プレ金)」が始まってから2年が経過した。当初の目的である消費拡大には一定の効果が出ているものの、通常より早く退社した人の割合は約2割にすぎないのが現状だ。政府と経済界が始めた鳴り物入りの取り組みだが、導入の動きは広がりを欠いている。

 経済産業省などが今年1月まで継続実施した調査では、プレ金当日に早く退社した人の割合は平均11・4%。月末の金曜日ではなく別の日に振り替えて早退した人を含めても20・7%にとどまった。大企業や都市圏での割合が高かった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.