天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

空飛ぶ車、関西の技で開発へ/水素が燃料、万博で飛行目指す

2019/01/24 19:08

 25年大阪・関西万博でのデモ飛行を目指す「空飛ぶ車」のイメージ(近畿経済産業局提供)
 25年大阪・関西万博でのデモ飛行を目指す「空飛ぶ車」のイメージ(近畿経済産業局提供)

 近畿経済産業局は24日、ドローンのように飛行して人を運べる「空飛ぶ車」を、関西を中心とした中小企業の技術を持ち寄って開発すると発表した。2024年度までに完成させ、25年大阪・関西万博でのデモ飛行を目指す。二酸化炭素(CO2)を排出しない水素燃料を動力源としたエンジンを使い、環境への配慮もアピールするという。

 開発するのは六つのプロペラで飛ぶ1人乗りの機体で、従来のドローンの約3倍となる60分程度の連続飛行を目指す。既に大阪府内の3社を発足メンバーとして官民の準備委員会を立ち上げており、さらに企業の参加を募って開発を加速させる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.