天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

日欧で個人データの移転を円滑に/枠組み、23日発効

2019/01/22 20:27

 データ移転に関する日欧の新たな枠組み
 データ移転に関する日欧の新たな枠組み

 日本政府の個人情報保護委員会は22日、欧州連合(EU)との間で、互いの進出企業が現地で得た個人データを域外へ円滑に持ち出せる枠組みを23日に発効させると発表した。日EUの個人情報保護の水準が十分だと相互に認定しておき、データのやりとりの際に個別の契約を結ぶといった従来の規制を不要にする仕組み。2月に発効するEUとの経済連携協定(EPA)と併せ、ビジネス関係の強化につなげる。

 EUは昨年5月、データの管理などに厳しい規制を課す「一般データ保護規則(GDPR)」を施行。日本企業は新たな枠組みにより、データの域外移転に関して事務負担や制裁リスクが軽減される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.