天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

トヨタ、パナが電池新会社/EV普及へ20年末までに

2019/01/22 17:50

 EVなどの車載用電池を開発、生産する新会社の共同設立について記者会見する(左から)パナソニックの人見健事業開発部長、トヨタの好田博昭パワートレーンカンパニー主査=22日午後、名古屋市
 EVなどの車載用電池を開発、生産する新会社の共同設立について記者会見する(左から)パナソニックの人見健事業開発部長、トヨタの好田博昭パワートレーンカンパニー主査=22日午後、名古屋市

 トヨタ自動車とパナソニックは22日、電気自動車(EV)など電動車向け電池を開発、生産する新会社を2020年末までに共同で設立すると正式発表した。EVの普及を見据えて日本を代表する自動車メーカーと電機メーカーが手を組み、台頭する中国勢や韓国勢に「日本連合」で対抗する。

 新会社にはトヨタが51%、パナソニックが49%を出資する。トヨタとパナソニックは開発や生産部門を新会社に移管する。パナソニックが日本国内や中国・大連に持つ車載電池工場の生産設備は新会社に移す。

 新会社で生産した製品はパナソニックを通じ、幅広く自動車メーカーに販売する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.