天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

不正資格で防火設備を検査/リクシル傘下、3都県68棟で

2019/01/11 18:15

 国土交通省は11日、LIXIL(リクシル)傘下のシャッター製造会社の従業員13人が、防火設備の検査員資格を不正に取得し、建物の定期検査を実施していたと発表した。不正な資格で検査した建物は3都県の68棟。資格を取るには一定年数の実務経験が必要だが、年数を偽っていた。

 不正があったのはLIXIL鈴木シャッター(東京)。13人は東京都で66棟、千葉県で1棟、長野県で1棟の計68棟の検査を行った。用途別では学校の47棟が最多で、店舗8棟、事務所6棟が続く。不正な資格で検査した設備で不備は見つかっていないという。

 国交省は、正規の資格者による再検査などを指示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.