天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

革新機構社長辞任不可避に/取締役会議長と経産省次官協議

2018/12/08 00:21

 産業革新投資機構の田中正明社長
 産業革新投資機構の田中正明社長

 官民ファンド産業革新投資機構と経済産業省が機構経営陣の高額報酬を巡り対立している問題で、経産省の嶋田隆事務次官と機構取締役会の坂根正弘議長(コマツ相談役)が会談し、機構の体制について協議に入ったことが7日、分かった。経産省は報酬協議を打ち切った田中正明社長の続投を認めない方針で辞任は不可避の情勢。辞任に応じなければ解任を検討する。

 機構には田中氏が勧誘した経営幹部もおり、辞任に追い込まれれば幹部の退陣が相次ぐ可能性がある。

 一連の対立は、経産省が最大で年間1億円超の報酬案をいったん提示し撤回したことが発端。機構は「国が約束をほごにした」と反発した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.