天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

原油減産の継続で暫定合意/OPEC総会、通信社報道

2018/12/07 00:24

 OPEC総会で取材に応じるサウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相=6日、ウィーン(ロイター=共同)
 OPEC総会で取材に応じるサウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相=6日、ウィーン(ロイター=共同)

 【ウィーン共同】石油輸出国機構(OPEC)は6日、ウィーンで定時総会を開いた。ロイター通信によると、2017年から取り組んできた非加盟国との原油協調減産を継続することで暫定合意した。慎重な姿勢を示していた非加盟国のロシアの決定を待って、削減量などを決めるという。減産参加国全体で日量100万バレル以上の削減での合意を目指す。

 米国の在庫増加や世界経済の減速懸念の広がりで需要の落ち込みが見込まれることから、供給を抑えて原油価格下落を回避する。日本のガソリン価格などにも影響がありそうだ。

 OPECは7日、非加盟国との閣僚級会合を開催し、減産への協力を要請する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.