天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

米FRB、金利据え置き/景気好調、12月利上げ公算

2018/11/09 05:10

 米連邦準備制度理事会(FRB)本部ビル(AP=共同)
 米連邦準備制度理事会(FRB)本部ビル(AP=共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる米連邦準備制度理事会(FRB)は8日、金融政策を協議する連邦公開市場委員会(FOMC)で、主要政策金利を年2・0〜2・25%に据え置くことを全会一致で決めた。会合後に公表した声明で、景気は「力強く拡大している」との認識を維持し、高成長が続いていると分析した。

 FRBは「さらなる段階的な利上げが適切だ」と説明し、景気過熱を防ぐため、次回12月会合で政策金利の引き上げに踏み切る公算が大きい。

 声明では、雇用は引き続き堅調で、約48年ぶりの低水準に改善した失業率を前回の「低い水準にある」から、「低下した」に変更した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.