天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

KYB免震装置改ざん、影響拡大/原発施設や五輪会場も、補償検討

2018/10/17 20:54

 埼玉県立がんセンターに設置されているKYB子会社製の免震用オイルダンパー=17日午後、埼玉県伊奈町
 埼玉県立がんセンターに設置されているKYB子会社製の免震用オイルダンパー=17日午後、埼玉県伊奈町

 油圧機器メーカーKYBによる免震・制振装置のデータ改ざん問題で、全国各地のさまざまな施設で不正製品と同型の装置が使われていることが17日、明らかになった。原発の関連施設で使われているほか、東京五輪・パラリンピックの競技会場にも設置されていることが判明するなど影響が広がった。KYBは納入先の自治体などへの連絡を急ぐとともに、交換や補償を求められた場合の検討に入った。

 問題の装置は油の粘性を利用して建物の揺れを少なくするオイルダンパーで、KYBと子会社が基準の範囲内に収まるようデータを改ざんしていた。地震の際に建物への影響が想定より大きくなる恐れがある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.