天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

日本車メーカー、アフリカで攻勢/商社と連携、車種拡充

2018/09/25 14:22

 日系自動車メーカー各社がアフリカ市場で攻勢を強めている。トヨタ自動車はアフリカ全域に拠点を持つグループの豊田通商と連携し、日産自動車は車種を拡充する。人口増加や所得水準の向上が見込まれる「最後の巨大市場」で、販売拡大に向けた動きが活発になっている。

 米調査会社のフロスト&サリバンによると、アフリカの新車販売台数は2015年の155万台から25年には300万台規模へと拡大する見通し。現在は手ごろな中古車が主流だが、日系企業関係者は「現地の人が豊かになれば新車へ買い替えが進む」と期待する。

 トヨタは、19年1月をめどにアフリカの営業業務を豊田通商に移す。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.