天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

輸入小麦の価格2・2%上げ/4期連続、少雨で収穫減少

2018/09/11 16:20

 農林水産省は11日、今年10月期(10月〜2019年3月)の輸入小麦の政府売り渡し価格について、主要5銘柄の平均で今年4月期に比べ2・2%引き上げ1トン当たり5万5560円にすると発表した。米国などで少雨による収穫減少が懸念され、小麦の国際価格が上昇したことが要因。値上げは4期連続となった。

 売り渡し価格は半年ごとに見直す。今回の値上げの影響額について農水省は、食パン1斤で0・1円、家庭用の小麦粉(薄力粉)1キロで3・8円の上昇になると試算した。原油高で海上輸送の運賃が値上がりしたことも影響した。

 日本は小麦の需要量の約9割を外国から輸入している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.