天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

東芝が荷下ろしロボット公開/物流現場に売り込みへ

2018/09/11 16:01

 東芝インフラシステムズ(川崎市)は、荷台から荷物を自動で下ろしてベルトコンベヤーに載せるロボットを開発し、東京都内で11日から始まった国際物流総合展で初公開した。30キログラムまでの荷物を1時間当たり350個以上、下ろすことができ、疲労で作業速度が落ちる人よりも効率的という。人手不足に悩む物流現場に売り込みたい考えだ。

 紙幣やはがきなどの情報を即座に読み取って高速で分類する東芝の得意技術を生かして開発した。担当者は「われわれの技術のリボーン(再生)だ」と力を込める。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.