天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

国交省内に宅配ボックス/霞が関で初、利便性PR

2018/09/11 15:34

 国交省の敷地内に設置された宅配ボックス=11日
 国交省の敷地内に設置された宅配ボックス=11日

 国土交通省は11日、自宅以外で宅配便を受け取ることができる宅配ボックスを、中央省庁では初めて東京・霞が関の庁舎の敷地内に設置した。宅配業者の再配達の負担を減らし、荷物を受け取る側にとっても利便性が高いことをPRする狙い。

 設置した宅配ボックスは、ヤマト運輸や佐川急便などの専用アプリから配達先として選ぶことができ、計30個の荷物を収納可能。同省の職員以外でも、庁舎を利用する人なら使うことができる。

 インターネット通販の拡大で宅配便の取扱量が増え、再配達の負担が大きくなっていることから、国は宅配ボックスの普及に力を入れている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.