天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

特急指定席で車内検札廃止/JR東海、新型端末で把握

2018/09/05 18:27

 JR東海は5日、在来線の特急列車などで、指定席とグリーン席の利用者の切符を確認する車内検札を10月1日から原則廃止すると発表した。車掌向けの新型携帯端末で座席の販売状況を正確に把握できるようになった。学割など購入資格が限定された割引切符の利用者には、証明書の提示を求める場合がある。自由席では検札を続ける。

 対象は特急列車「しなの」「ひだ」「南紀」「伊那路」「しらさぎ」「ふじかわ」や、快速列車「みえ」など。新型端末は約920台を導入し、設備投資額は約5億円。金子慎社長は名古屋市で記者会見し「車掌が有効に時間を使え、サービス向上につながる」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.