天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

公取委、地銀統合を承認へ/ふくおかFGと十八銀

2018/08/01 13:54

 公正取引委員会が、九州のふくおかフィナンシャルグループ(FFG、福岡市)と長崎県地盤の十八銀行(長崎市)の経営統合計画を承認する方向で最終調整していることが1日、分かった。両社が貸出債権を他の金融機関に譲渡することにより、長崎県内での競争環境を保つことが可能になるとの判断に傾いた。

 長崎県内の企業向けの貸出金シェアは、十八銀と、FFG傘下の親和銀行(長崎県佐世保市)を合算すると約7割になる。公取委は競争が減って借り手の企業に悪影響が及ぶことを懸念。FFGと十八銀は長崎県内の全融資先の意向を調査し、1千億円弱の貸出債権を他の金融機関へ移す計画を立てた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.