天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

北西太平洋での調査捕鯨を開始/尾道、塩釜、下関から出航

2018/05/17 12:17

 水産庁は17日、2018年度の北西太平洋沖での調査捕鯨を始めた。17日は広島県尾道市から調査母船が出航したほか、宮城県塩釜市と山口県下関市からもそれぞれ調査船が出航した。8月末ごろまで実施する。

 北西太平洋沖ではミンククジラ43頭とイワシクジラ134頭を上限に捕獲し、調査する。年齢や性別を調べるほか、皮膚の一部を採取したり、胃の内容物を調べたりして、適切な捕獲枠の算出に生かす。

 同庁によると、北西太平洋沖での今回の調査は17年度から始まり、28年度まで実施する。沿岸調査は4月から宮城県や青森県沖で始まっており、8月ごろからは北海道でも計画されている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.