天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

台湾ダイソー、手続き不正で謝罪/輸入申請書類の日付偽る

2018/04/28 11:57

 記者会見で頭を下げる「台湾大創百貨」の島崎信之副社長(右から2人目)ら=27日、台北市内(共同)
 記者会見で頭を下げる「台湾大創百貨」の島崎信之副社長(右から2人目)ら=27日、台北市内(共同)

 【台北共同】100円ショップの「ダイソー」を展開する大創産業(広島県東広島市)の台湾の現地法人「台湾大創百貨」が輸入手続きの不正が明らかになったことを受け27日、台北市内で記者会見を開いた。現地法人の島崎信之副社長は「皆さまにご迷惑をお掛けしたことを深くおわび申し上げます」と頭を下げた。

 台湾が輸入規制をしている福島県など被災地5県の食品について他県産とラベルを偽って販売、2015年に半年間の輸入禁止処分を受けた。だが、その後も、輸入申請書類に処分前の契約の日付を偽って記入、例外措置を悪用して輸入を続けていたことが立法委員(国会議員)の指摘で発覚した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.