天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

JR西、台車亀裂で安全対策増額/400億円増の5300億円

2018/04/27 19:37

 JR西日本は27日、2018〜22年度の5年間の中期経営計画を発表した。新幹線の台車に亀裂が生じた問題などを受け、鉄道事業の安全対策に前計画(13〜17年度)比で400億円増の5300億円を投資する。

 安全対策として、新幹線の台車の異常を知らせるセンサーを導入するほか、山陽新幹線や在来線の駅にホーム柵設置を進める。南海トラフ巨大地震に備え、建物や高架橋などの耐震補強を行う。

 5年間の設備投資総額は2800億円増の1兆2700億円を計画。ともに23年春の開業予定の北陸新幹線金沢―敦賀間と、大阪駅北側の「うめきた」地下駅の整備などを図る。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.