天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

元金融庁長官の森昭治氏が死去/不良債権処理を指揮

2018/04/26 18:31

 死去した森昭治氏
 死去した森昭治氏

 不良債権処理と金融危機対策を指揮した元金融庁長官の森昭治(もり・しょうじ)氏が18日午前11時半、食道がんのため東京都内の病院で死去した。74歳。東京都出身。葬儀は近親者で行った。

 1966年大蔵省(現財務省)に入った。大手銀行の破綻が相次いだ98年12月、新設された金融再生委員会(現金融庁)事務局長に就任。一時国有化した日本長期信用銀行(現新生銀行)や日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)の破綻処理を手掛けた。経営が悪化した銀行への資本注入を指揮し、大手行の再編を後押しした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.