天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

セブン、5千店超で契約切り替え/コンビニ最大手、電力使用で

2018/04/26 11:33

 コンビニ最大手セブン―イレブン・ジャパンは26日、全国の約5500店で、これまで結んでいた電力会社との契約を別会社に段階的に切り替えることを明らかにした。電気料金が約1割削減できる見込みという。同社は2015年から1年ごとに契約を見直しており、条件を比較した上で来年以降も検討する。

 既に3月から中国地方で中国電力から関西電力に、四国地方で四国電力から関西電力に切り替えた。5月からは中部地方で東京電力ホールディングス系から関西電力に、九州地方では新電力から九州電力に変更。北海道では6月から北海道電力から新電力に替える。

 セブンは全国約2万店を出店している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.