天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

3月のスーパー売上高0・1%減/4カ月ぶりマイナス、衣料伸びず

2018/04/24 16:18

 日本チェーンストア協会が24日発表した3月の全国スーパー売上高は、既存店ベースで前年同月比0・1%減で、4カ月ぶりにマイナスだった。春物の衣料品や住宅関連品が伸びなかったことが響いた。

 全店ベースの売上高は1兆607億円だった。協会の担当者は「3月前半は気温が低く、春物衣料が伸び悩んだ。また、基調として日常消費は弱い」と説明している。

 既存店ベースの部門別では、衣料品が3・0%減だった。住宅関連品は医薬・化粧品がプラスだったが、家電製品や家具・インテリアが落ち込み、全体で1・8%減となった。

 食料品は0・2%増だった。うち農産物は2・4%増だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.