天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

東芝、半導体売却中止含め対応策/中国独禁法審査の難航で検討

2018/04/22 22:40

 東京都港区のビルの屋上に掲げられた東芝の看板=2017年3月
 東京都港区のビルの屋上に掲げられた東芝の看板=2017年3月

 東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却で、中国独禁法審査の難航が続き5月末までに承認されない場合に備え、売却中止も含めた対応策を検討していることが22日、分かった。グループの稼ぎ頭である東芝メモリの売却の成否は、年内に策定する新たな経営計画に大きく影響する。車谷暢昭代表執行役会長兼最高経営責任者が率いる新体制は難しい判断を迫られる。

 中国当局は通常の審査期間を終えて5月末を期限とする延長審査に入ったが、膠着状態が続いている。東芝は現時点で売却する方針を変えておらず、障害となっている部分が分かれば、条件など一部を見直して再申請し審査加速を促す案も検討中だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.