天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

JR貨物、生鮮品で新事業/航空やトラック輸送に対抗

2018/04/19 19:34

 JR貨物(東京)が生鮮食品の鮮度を長時間維持する技術を活用し、保冷輸送の新事業に乗り出すことが19日、分かった。運賃の高い航空輸送やドライバー不足が深刻化しているトラック輸送に対抗し、札幌、福岡と東京をそれぞれ結ぶ2区間で導入する。農水産物の輸送コスト低下で、地域経済の活性化を後押ししそうだ。

 開発した新型コンテナの運用に向けて最終調整に入っており、遅くとも6月の定期運行の開始を目指している。鮮度維持のために航空便が使われる生鮮品に対応し、低コストで輸送できるようにする。

 平日に運行し、提供可能な輸送能力は年約7千トンとなる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.