天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

証券、生保の外資参入規制を緩和/中国、3年以内に上限撤廃

2018/04/11 12:08

 「博鰲アジアフォーラム」年次総会で発言する中国人民銀行の易綱総裁=11日、中国海南省博鰲(共同)
 「博鰲アジアフォーラム」年次総会で発言する中国人民銀行の易綱総裁=11日、中国海南省博鰲(共同)

 【博鰲共同】中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は11日、金融市場における外資企業の参入規制を緩和し、証券と生命保険は数カ月以内に外資企業が出資できる上限を51%に引き上げ、3年以内に上限を撤廃して全額出資を認める方針を明らかにした。生保については、従来公表していたスケジュールよりも規制緩和の時期を前倒しした。

 米中通商摩擦が激化する中、米国が求めていた金融市場の開放を加速し、摩擦緩和を図る狙いとみられる。

 中国海南省で開かれている「博鰲アジアフォーラム」年次総会で発言した。現在は外資企業が出資できる上限は証券が49%、保険は50%に抑えられている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.