天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

ヤマト宅配便3年ぶり減/労働環境改善へ総量抑制

2018/04/05 18:14

 宅配便最大手のヤマト運輸は5日、2017年度の宅配便取扱個数が前年度と比べて1・7%(3088万個)減の18億3668万個だったと発表した。減少は3年ぶり。ドライバーの労働環境改善のため値上げなどを通じて総量抑制に取り組んだ効果が出た。

 ただ、減少幅は17年春時点で計画していた8256万個を下回った。インターネット通販の拡大で宅配便のニーズが高まる中、値上げを受け入れる企業が想定より多かった。

 ヤマトは荷物の増加でドライバーの長時間労働が問題になり、法人顧客との値上げ交渉や数量抑制の要請をしてきた。17年10月から個数の減少傾向が始まった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.