天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

効率良く働いた社員は賞与アップ/制度導入と三菱電機・杉山社長

2018/04/05 02:00

 三菱電機社長に1日付で就任した杉山武史氏(61)が4日、共同通信などのインタビューに応じ、効率良く仕事をこなして勤務時間を減らした社員の賞与を引き上げる制度を導入したと明らかにした。長時間労働の抑制が狙い。大手企業では珍しい取り組みとみられる。

 今年6月の賞与から、労働生産性を評価項目に加える。杉山氏は「長く働くことに価値を置くのは時代にそぐわなくなっている」と説明した。

 2021年3月期までに連結売上高を5兆円以上とする目標に関しては、成長を見込む自動運転分野や工場の自動化システムなどを強化することによって「やり遂げたい」と強調した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.