天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

神戸空港が民営化/関空、伊丹と一体運営開始

2018/04/01 10:23

 記念式典で握手する関西エアポートの山谷佳之社長(左)と神戸市の久元喜造市長=1日午前、神戸市
 記念式典で握手する関西エアポートの山谷佳之社長(左)と神戸市の久元喜造市長=1日午前、神戸市

 神戸空港が1日、民営化され、関西、大阪(伊丹)両空港と合わせた関西3空港の一体運営が始まった。3空港を運営する関西エアポートの山谷社長は記念式典で、「関西経済の活性化に貢献できるよう努力したい」と意気込みを語った。

 記念式典には神戸市の久元市長、就航するスカイマークや全日本空輸の幹部らが出席。久元市長は「関西の航空需要拡大に寄与できる」と期待を寄せた。

 神戸空港は2006年に開港。管理する神戸市が活性化のため民営化を決め、関西エアなどの企業連合が昨年、総額約191億円で42年間の運営権を取得。関西エアの100%子会社「関西エアポート神戸」が運営に当たる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.