天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

サウジ太陽光発電に21兆円/ソフトバンクが協力

2018/03/28 23:30

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長
 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長

 【ニューヨーク共同】サウジアラビア政府は27日、ソフトバンクグループが主導する投資ファンドと協力し、サウジ国内に世界最大級の太陽光発電の施設を造ることで合意したと発表した。2030年までに発電能力が最大計2億キロワットの設備を建設するとしている。米メディアによると、投資総額は2千億ドル(約21兆円)。

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長がニューヨークで、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子と覚書に署名した。

 産油国のサウジは石油依存からの脱却を目指しており、ソフトバンクグループは太陽光発電事業に協力することでエネルギー源の多様化を後押しする。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.