天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

第四と北越銀、10月統合で合意/業務効率化、営業人員増加

2018/03/23 19:12

 経営統合することで最終合意し、ポーズをとる第四銀行の並木富士雄頭取(左から3人目)と北越銀行の佐藤勝弥頭取(右から2人目)ら=23日午後、新潟市
 経営統合することで最終合意し、ポーズをとる第四銀行の並木富士雄頭取(左から3人目)と北越銀行の佐藤勝弥頭取(右から2人目)ら=23日午後、新潟市

 新潟県を地盤とする県内最大手の地方銀行、第四銀行(新潟市)と2位の北越銀行(長岡市)は23日、経営統合することで最終合意したと発表した。10月1日付で持ち株会社「第四北越フィナンシャルグループ」を設立し、両行が傘下に入る。統合による事務手続きの共通化などで業務を効率化するとともに、営業人員の増加を図る。

 両行は当初、4月の統合を予定していたが、公正取引委員会の審査が長期化したため延期。昨年12月に公取委が経営統合を承認していた。

 持ち株会社の本社機能は新潟市に置き、本店所在地は長岡市とする。社長に第四銀の並木富士雄頭取、会長に北越銀の佐藤勝弥頭取が就く。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.