天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

生保6社、年金事務の一本化へ/経営の効率化図り、23年度にも

2018/03/22 11:02

 主要生命保険6社が企業年金の事務部門の統合を協議していることが22日、分かった。各社の関係会社を一本化し、共通する業務を統合することで、経営の効率化を図るのが狙い。近く基本合意し、2023年度の手続き完了を目指す。

 日本生命保険と第一生命保険が出資する「企業年金ビジネスサービス」と、住友生命保険、明治安田生命保険、三井生命保険、富国生命保険が出資する「日本企業年金サービス」を統合させる。両社は年金受給者の管理を行っており、統合でシステムの更新などにかかる費用を削減する。

 企業年金は、超低金利の長期化で利回りの確保が難しくなっており、利幅が比較的小さい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.