天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

アマゾンとの競争でスーパー破綻/NY州中心に約170店展開

2018/02/22 07:49

 【ニューヨーク共同】ニューヨーク州を中心に約170店のスーパーマーケットを展開するトップスマーケッツは21日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表した。膨らんだ債務の整理の必要性に加え、米インターネット通販アマゾン・コムなどとの競争激化が理由としている。

 裁判所への提出書類で、経営が悪化した要因として「値下げ競争でもうけが減った」と指摘。「アマゾンのようなオンライン販売の巨人からの厳しい競争にも直面している」と言及した。

 トップスは1962年にスーパーを開店。法的手続き中も店舗営業は継続する。従業員は約1万4千人。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.