天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

JR九州、合理化優先の姿勢鮮明/鉄道、117本の減便を維持

2018/02/15 02:00

 JR九州が、九州新幹線を含む全22路線での運行本数削減を盛り込んだ3月のダイヤ改正に関し、当初計画からの見直しは微修正にとどめ、事実上117本の減便を維持することが14日、分かった。大幅減便には自治体から反発が相次いだが、鉄道事業の収益力強化に向け合理化を優先する姿勢を鮮明にする。16日に発表する。

 JR九州は3月の改正後も「時刻の修正や増便を検討する」とするが、鉄道網維持のためには合理化が不可欠との姿勢は崩さない。一方、減便に反発する自治体関係者には「微修正では困る」との声も強く、理解が得られるかどうか不透明だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.