天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細
 
 

MRJ、初の受注キャンセル公算/米航空会社から40機分

2017/12/15 17:58

 インタビューに答える三菱重工業の宮永俊一社長
 インタビューに答える三菱重工業の宮永俊一社長

 三菱重工業が開発を進めているジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)で、初めて顧客からの受注キャンセルが発生する公算となったことが15日、分かった。宮永俊一社長(69)が共同通信などのインタビューで、米イースタン航空と契約した40機分について「恐らくなくなるだろう」と述べ、契約解消の可能性を示唆した。

 MRJは開発が難航しており、納期を5度延期している。宮永氏は、キャンセルは開発の遅れが理由ではないと説明したが、今後の営業活動に逆風となる可能性もある。

 MRJは三菱重工子会社の三菱航空機が、2020年半ばに延期した納期に向けて開発を急いでいる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.