天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細
 
 

セブンとヤマト、配送にEV導入/物流で本格運用は国内初

2017/10/19 16:26

 小型電動トラックに充電するセブン―イレブン・ジャパンの古屋一樹社長(右)ら=19日、東京都日野市
 小型電動トラックに充電するセブン―イレブン・ジャパンの古屋一樹社長(右)ら=19日、東京都日野市

 セブン―イレブン・ジャパンとヤマト運輸は19日、三菱ふそうトラック・バス(川崎市)の小型電動トラックを商品や宅配便の配送に導入すると発表した。量産型の電気自動車(EV)を物流で本格的に活用するのは国内で初めて。

 セブンとヤマトは首都圏でそれぞれ25台導入。課題を洗い出し、本格運用を目指す考えだ。

 導入するのは三菱ふそうの「eキャンター」で、1回1時間半の充電による航続距離は約100キロ。従来のディーゼル車よりも走行コストは大幅に安いという。

 セブンは配送センターから店舗への近距離の冷蔵商品配送に活用。冷蔵トラックのEV配送は世界で初という

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.