天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細
 
 

米裁判所、「東芝」結論持ち越し/28日に次回審問

2017/07/15 11:43

 東芝の屋外看板=東京都内(ロイター=共同)
 東芝の屋外看板=東京都内(ロイター=共同)

 東芝の半導体子会社を巡る訴訟の審問=14日、米サンフランシスコ(共同)
 東芝の半導体子会社を巡る訴訟の審問=14日、米サンフランシスコ(共同)

 【サンフランシスコ共同】米西部カリフォルニア州の裁判所は14日、米ウエスタン・デジタル(WD)が東芝による半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却差し止めを求めた訴訟で、初の審問を開いた。東芝とWDの双方から主張を聴取したが、結論を持ち越した。次回の審問は28日に開く。

 14日の審問で、カーン判事は、東芝が子会社を売却する2週間前にWD側に通知する案を提示。両社は基本的に受け入れる方針を示し、次回審問までに内容を詰めることになった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.