天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

日立、浜岡原発廃炉受注へ/事業拡大に向け実績

2017/05/30 09:40

 日立製作所が中部電力浜岡原発(静岡県)の1、2号機に関し、廃炉作業の一部を受注することが30日、分かった。国内原発は新規建設が見込めない一方、廃炉作業が本格化する見通しで、事業拡大に向けて実績づくりを進める。

 受注するのは、原子炉の放射性物質を除去する除染装置で、受注額は設置や作業費用も含め数十億円規模とみられる。既に優先交渉権を得ており、今後正式に受注する。

 浜岡原発1、2号機は沸騰水型軽水炉で2009年に運転を終え、既に廃炉作業に入っている。原子炉を納入したのは東芝だが、除染装置は入札で日立が担うことになった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.