天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

産業スパイ、指針改訂で対策強化/営業秘密、立証負担を軽減

2014/09/30 17:41

 経済産業省は30日、企業向けの営業秘密管理指針を改訂する方針を決めた。産業スパイや不正漏えいへの対策を強化するのが狙いで、「営業秘密」の定義を明確にし、被害企業の立証負担を軽くする。被害認定のハードルを下げ、漏えいの抑止につなげる考えだ。10月中にも改訂案を示す。

 製造技術や設計図面が不正漏えいした場合、刑事捜査でも、賠償を求める民事訴訟でも、不正競争防止法が根拠となる。盗まれた情報が「営業秘密」だと立証する必要があるが、その際、情報が「秘密」だと分かる状態で適切に管理されていたかどうかが問われる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.