天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

すき家、6割の店舗深夜営業中止/従業員確保難しく

2014/09/30 13:31

 ゼンショーホールディングスは30日、牛丼チェーン「すき家」の全店舗の約6割にあたる1167店で、10月1日以降、午前0時から午前5時までの深夜営業を中止することを明らかにした。深夜営業の継続に必要な従業員を確保できないため。残る約600店では24時間営業を続ける。

 すき家はほとんどの店舗で、深夜帯は1人で切り盛りする勤務体制を採用してきたが、外部有識者による第三者委員会から「法令違反状況」との指摘を受け、改善策を検討していた。

 ただ、深夜帯を複数勤務にするための人材確保が現時点では困難であることから、採算が厳しい店舗では深夜営業を中止することを決めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.