天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

夏賞与、バブル以来の伸び/大手企業、業績改善背景に

2014/07/31 17:09

 経団連が31日発表した大手企業の夏の賞与・一時金(ボーナス)の最終集計によると、組合員平均の妥結額は昨年夏に比べ7・19%増の86万7731円だった。伸び率はバブル期の1990年(8・36%)以来の高い水準。大手企業が業績の改善を背景に、ボーナスの支給額を上乗せして従業員の待遇を向上させていることが鮮明になった。

 夏のボーナスの増加は2年連続。ただリーマン・ショックや東日本大震災などの影響で支給水準が落ち込んでいたため、08年の妥結額(90万9519円)以来となる90万円台への回復はならなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.