天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

特会剰余金は13・7兆円/13年度、7千億円増

2014/07/31 12:01

 財務省が31日発表した2013年度の特別会計(特会)の決算によると、歳入と歳出の差額を示す剰余金は、国債の償還に充てる国債整理基金特会を除いて約13兆7千億円になり、前年度より約7千億円増えた。

 主な特会を見ると、外国為替資金特会は円安の影響で外貨資産の運用収益が膨らみ、剰余金は約3兆2千億円だった。東日本大震災復興特会は、地元での調整に時間がかかった影響で事業が繰り越されたため、約2兆4千億円の剰余金が出た。復興予算の使い残しにはこのほか一般会計からの繰り越し分もある。

 剰余金は、特会の積立金として約2兆7千億円が充てられた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.