天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

日銀 輸出低迷、構造的な要因/6月の議事要旨

2014/07/18 11:04

 日銀は18日、6月12、13日に開いた金融政策決定会合の議事要旨を発表した。円安進行後も回復が遅れている輸出に関して、複数の政策委員が「構造的な要因が思った以上に影響している」と指摘していた。日銀は消費税増税後も景気の回復が続くとみているが、輸出低迷が懸念材料となっている。

 具体的な構造要因としては、日本企業の競争力が低下している点や、生産拠点の海外移転が進んだことが想定以上に響いていることを挙げた。ただ堅調な設備投資については「輸出が誘発するこれまでのパターンとは異なる」とし、設備の更新需要など国内要因で伸びているとの見方が出た。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.