天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

電力の広域融通機関、来春発足/強制力持ち需給調整

2014/07/17 19:52

 全国規模での電力融通を担う「電力広域的運営推進機関」が17日、東京都内で設立総会を開き、2015年4月の業務開始を決めた。東日本大震災発生後の電力危機をきっかけに始まった電力システム改革で設立が決まったもので、当初100人程度の規模でスタートし、電力事業者に対し強制力を持って需給状況の監視や調整に当たる。

 電力融通に加え、電力小売りの自由化を念頭に、新電力を含めたすべての電力事業者に加入が義務付けられた。

 設立総会には107社が出席。初代理事長に政策研究大学院大学副学長で、電力システム改革に有識者の立場で携わってきた金本良嗣氏の起用を決めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.