天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

京セラが韓国の財閥系企業を提訴/太陽電池特許侵害

2014/07/10 19:40

 京セラは10日、太陽電池の発電効率を高める技術の特許権を侵害されたとして、韓国の財閥ハンファ・グループの日本法人、ハンファQセルズジャパン(東京)に損害賠償を求め、東京地裁に提訴したと発表した。請求額は非公表。

 ハンファ社に特許権を侵害している製品の販売停止を求めてきたが、交渉が進展しなかったため、提訴に踏み切った。日本で類似品を販売する他の太陽電池メーカーや販売会社数社とも、提訴を視野に交渉している。

 京セラが侵害されたと主張しているのは「3本バスバー電極構造」と呼ばれる特許権。太陽電池の電極の数や幅、配置を最適化して電気抵抗を低減するなどした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.